私がライティングの事業を始めたきっかけは、小学3年生の時代に遡ります。
当時、担任だった先生の思いつきから「帰りの会」で何か発表をするのが日課となっていました。

そこで、私は唯一好きだった「自分を主人公にした物語作成」をして発表をしていました。先生が私の物語を読むと、帰りの会が急に笑いに包まれ賑やかになった記憶があります。

この記憶が大人になった今でも嬉しい記憶として残っており、いつしか「文章を仕事にしたい」と小さな夢を抱くようになりました。

パソコンやスマートフォン、タブレットが日々進化する現在、インターネットが生活に無くてはならないもののひとつとして考えられるようになりました。

 

膨大な量のサイトのなかからあなたのサイトが選ばれ読まれる確率は、運命の人を見つけるよりも低いかもしれません。

「最後まで読ませる」ことに関しては更に難しく、だいたいのサイトが最後まで読まれていません。
少しでも質の良いサイトにし、読まれるサイトにするには「ライティング」が重要です。

読者が読みたくなる内容、読者がFANになってしまう内容。

何千何万とある検索サイトのなかで、このサイトに出会えたのも何かの「縁」と感じています。
その縁を大切にして、あなたのサイトのお力になれるようにお付き合いをさせてください。

代表 宮本静代